発生場所を知る|被害が広がる前にアライグマを駆除!害獣駆除業者をすぐ呼ぶのが鍵
ロゴ

get rid.com

駆除するべき害獣、アライグマの発生しやすい場所を紹介!

似たような動物

一般的にアライグマとたぬきの違いがはっきりと分かっていない人が多いとされています。まずは、この2つの動物について調べてみましょう。さらに、アライグマが発生しやすい場所についてもお教えします。

アライグマとたぬきを比較

特定外来生物

アライグマの大きさは柴犬程度と言われています。たぬきに比べるとスリムな印象があるでしょう。元々、国内には生息していません。外国からペットとして輸入されてきた個体が、住み着いてしまったのです。また、泳ぎも得意で木登りもできます。雑食性でなんでも食べてしまうでしょう。

在来種

たぬきはアライグマとほとんど大きさが変わりません。アライグマと比べると、ある程度ふっくらした印象を受けます。基本的に森林に生息している動物です。また、アライグマと違い、泳ぎや木登りが苦手です。屋根裏などに住み着くことはないでしょう。また、たぬきは眉間に黒い筋がありません。

発生場所を知る

あらいぐま

水辺の住宅

アライグマは元々、森林に生息している動物です。特に、水辺を好むでしょう。河川や湖、池などが近くにある場合、アライグマが発生する確率は高くなります。その為、水辺に近い住宅は注意が必要です。いつでも駆除業者を利用できるように準備しておくと良いでしょう。また、日頃から、アライグマが侵入しないように対策しておくことも重要です。

農耕地

農耕地もアライグマが発生しやすい場所の一つです。基本的に食べ物が豊富な場所に動物は集まります。農耕地の場合、野菜や果物などが被害に遭うことも多いでしょう。周辺の住宅にも発生してしまいます。家庭菜園を楽しんでいる人も気を付けておきましょう。エサに釣られたアライグマが、住宅の屋根裏に侵入してくることもあるのです。

広告募集中