ロゴ

get rid.com

害獣駆除業者にアライグマを駆除してもらおう

増える前に

アライグマもネズミのように放置していると増えてしまいます。そのため、アライグマが発生したらすぐに駆除する必要があります。いかに素早く駆除するかが大切になってくるので、しっかりと覚えておきましょう。

害獣は素早く駆除

作業員

生命力が強い害獣

アライグマは動物の中でも繁殖力が強い方だと言われています。アライグマは年に4匹から5匹程の幼獣を出産するでしょう。多い時は6匹出産することもあります。住宅に発生するアライグマの数が増えれば、それだけ被害も拡大してしまうのです。被害は屋根裏や壁の中だけにとどまらないでしょう。また、国内にアライグマの天敵はほとんど存在していません。つまり、生存率がとても高いとされているのです。放っておけば、その個体数をどんどんっ増やしてしまうでしょう。幼獣もほとんどが成獣になります。別の住宅に発生することもあるでしょう。自分だけではなく、周囲の人間にも被害を及ぼしてしまうことになります。また、アライグマは雑食なので、基本的にエサに困ることはありません。木の実や果物、小動物や昆虫、人間の残飯なども積極的に食べます。住宅にある食料を漁ることもあり、衛生環境が悪くなってしまいます。感染症を引き起こしてしまうことがあるでしょう。また、アライグマは様々な環境に適応することができる害獣です。温暖地域はもちろんですが、寒冷地域にも適応します。平地から山地にいたるまで、幅広い地域に住み着くことで知られているのです。アライグマが増えている理由としては、どのような環境でも生息することができるためだと言えます。国内であれば、どの地域でも発生する可能性があるでしょう。油断などしていられないのです。現在、アライグマが発生していない住宅であっても、害獣駆除業者を探しておくと良いでしょう。いざという時にとても助かります。アライグマはいつ住宅に発生するのか想像もできません。突然発生することが多いのです。住宅の屋根裏や壁の内側に侵入した場合、すぐに駆除できるように準備しておきましょう。アライグマが発生してから素早く駆除することで、被害を最小限に留めることができます。

罠などで駆除

専門の害獣駆除業者は、罠などを利用してアライグマを駆除します。きちんと駆除するためには、豊富な知識と経験が必要とされているのです。アライグマの生態を熟知しているからこそ、確実に駆除することができます。基本的に取り逃がすことはないでしょう。多くの場合、箱罠で捕獲します。箱罠とは、エサに釣られた害獣が箱の中に侵入することで、トラップが作動する装置です。まず、箱の中にアライグマをおびき寄せるためのエサを設置します。最初は、扉が開いている状態です。箱の中には踏み板があり、この板をアライグマが踏むと扉が閉まる仕組みとなっています。この箱罠は設置する場所がとても重要です。アライグマに関する詳しい知識を持っていなければ、正しく設置することはできないでしょう。アライグマが通る道に設置しなければなりません。また、警戒しないように、上手く設置することも重要です。こうすることで、アライグマを確実に仕留めることができるでしょう。また、最近ではエッグトラップも利用されています。アライグマの習性を利用した罠です。卵型の罠で、一箇所に穴が空けられています。この穴にアライグマが手を突っ込むと、罠が作動するのです。手錠のように手を固定します。このようにして捕獲されたアライグマは、通常殺処分されることが多いでしょう。苦痛を与えないように、しっかりと処分します。また、場合によっては専門の施設に提供されることもあるのです。動物園などが提供先として有名でしょう。アライグマは見た目が可愛らしいことから、需要も高いとされています。

[PR]

アライグマ駆除ならプロに頼む
安心の取り引きが行なえる 優良アライグマ駆除業者まとめ!
明朗会計だから安心♪ 害獣駆除の専門業者を厳選まとめ☆
24時間電話相談受付中! シロアリ退治のプロが在籍している業者へ
施工後5年の保証付き☆

駆除を考えている人におすすめ

あらいぐま

発生場所を知る

アライグマとたぬきの違いを覚えておきましょう。また、アライグマが発生しやすい場所についての知識も身に付けておく必要があります。

READ MORE

分からないこと

初めてアライグマを駆除する人にとって、色々と分からないことが多いでしょう。駆除に関する疑問がある人は、Q&Aをチェックするのがおすすめです。これを見れば不安も解消できるでしょう。

アライグマ駆除Q&A

どうして住宅に発生するの?

アライグマが住宅に発生する理由は、快適だからです。雨風を凌げて、外敵からも狙われにくくなります。人間のそばにいれば、食料も簡単に手に入れることができるでしょう。寒さや熱さも凌ぐことができます。このような理由から住宅に発生してしまうのです。特に、屋根裏はアライグマが住み着くには絶好の環境と言われています。かなり小さな隙間からも侵入してくるので、注意しましょう。

[PR]

広告募集中